HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Cisco/SEP.cnf.xml

提供: VoIP-Info.jp
2012年1月30日 (月) 21:20時点におけるGima (トーク | 投稿記録)による版 (「Cisco/SEP.cnf.xml」の保護を解除しました: 保護方針の変更(要ログインになったため))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索


SEP<MACアドレス>.cnf.xmlはCisco IP Phoneが使用する設定ファイルであり、SCCP(Skinny)ファームウェアとSIPファームウェアでは設定内容が大きく異なる。
ファームウェアのバージョンによっては、設定できる項目が違うので注意が必要

Cisco IP Phoneは、起動する度に設定ファイルをTFTPサーバーから拾ってくるので、DHCPサーバーにて、TFTPサーバーのIPアドレスを指定しておくと良い
(電話機に直接、TFTPサーバーのIPアドレスを設定する事も出来る)

SEP<MACアドレス>.cnf.xml

ファイル名はSEP[IP PhoneのMACアドレス].cnf.xmlの形式になる。
MACアドレスが"001BD40000FF"なら"SEP001BD40000FF.cnf.xml"となる。

日時に関する設定

<dateTemplate>

電話機に表示する日付の並び方を指定する。

Y
西暦
M
D

設定例

<dateTemplate>D-M-YA</dateTemplate>  ←12時間表示
<dateTemplate>Y/M/D</dateTemplate>

<timeZone>

タイムゾーンの設定。

<timeZone>Tokyo Standard Time</timeZone>

レジスト先に関する設定

メインサーバー、バックアップ用サーバー用などの、レジスト先のサーバーを指定する。
<callManagerGroup>から始まって
</callManagerGroup>で終わる個所がレジスト先の設定になる。

<ethernetPhonePort>

サーバー側のポートを指定する。デフォルトは2000。
特に変更する必要無し

<processNodeName>

Asteriskサーバー(またはCallManager)のIPアドレスを指定する。ホスト名でも可

設定例

<callManagerGroup>
<members>
 <member priority="0">  ←サーバーの設定
  <callManager>
   <ports>
    <ethernetPhonePort>2000</ethernetPhonePort>
   </ports>
   <processNodeName>192.168.0.248</processNodeName>  ←サーバーのIPかホスト名
  </callManager>
 </member>
 <member priority="1">  ←バックアップサーバーの設定
 <callManager>
  <ports>
   <ethernetPhonePort>2000</ethernetPhonePort>
  </ports>
  <processNodeName>192.168.0.249</processNodeName>  ←バックアップサーバーのIPかホスト名
  </callManager>
 </member>
</members>
</callManagerGroup>

ファームウェアに関する設定

<loadInformation>

ファームウェアのバージョンを指定する。記述が無くても電話機自体は動く。

ファームウェアの記述がある場合、再起動のたびにTFTPに「ファームウェアください」とリクエストしてくるので、
ファームウェアが無い場合は、再起動のたびに余計な時間がかかるため、設定を入れない方が好ましい

<loadInformation>SCCP41.8-0-2SR1S</loadInformation> ←CP-7941G用SCCPファームウェア バージョン8-0-2SR1Sを読み込む。

ユーザー設定の許可

<settingsAccess>

ユーザー設定ボタンの設定。
設定を見られたくない時や、電話機の設定変更(着信音や壁紙の変更など)を禁止する時に設定する。

0
ユーザー設定ボタン無効
1
ユーザー設定ボタン有効(デフォルト値)
<settingsAccess>0</settingsAccess>

<pcPort>

電話機の背面にあるLANポートの有効/無効

0
PCポート有効(デフォルト値)
1
PCポート無効
<pcPort>0</pcPort>

<garp>

GARPパケットの有効/無効
Gratuitous ARP(GARP)

0
有効(デフォルト値)
1
無効
<garp>0</garp>

<webAccess>

HTTP経由のアクセスの許可/不許可の設定

0
Webアクセス許可(デフォルト値)
1
Webアクセス不許可
<webAccess>1</webAccess>

<loggingDisplay>

ログの表示

0
無効
1
PC制御(デフォルト値)
2
有効
<loggingDisplay>0</loggingDisplay>

電力節約の設定

CP-7970Gのディスプレイ表示時間帯と曜日を設定する。

<displayOnTime>

ディスプレイを付ける時間

<displayOnTime>08:00</displayOnTime>

<displayOnDuration>

ディスプレイ連続表示時間

<displayOnDuration>12:00</displayOnDuration>

<displayIdleTimeout>

ディスプレイタイムアウトの表示

<displayIdleTimeout>00:30</displayIdleTimeout>

<daysDisplayNotActive>

ディスプレイを表示させない曜日を指定する。

1
日曜日
2
月曜日
3
火曜日
4
水曜日
5
木曜日
6
金曜日
7
土曜日
1~7以外
土曜日と日曜日(デフォルト値)

複数曜日を指定する場合は、コンマ","を入れること。

設定例

月曜日~木曜日までディスプレイ表示OFF

<daysDisplayNotActive>2,3,4,5</daysDisplayNotActive>

日曜日はディスプレイ表示OFF

<daysDisplayNotActive>1</daysDisplayNotActive>

言語設定

表示させる言語を設定する
各言語表示用のファイルが必要になるため、TFTPサーバーにファイルを用意しておくこと
 →ローカライズ設定

設定例

<userLocale>
<name>Japanese_Japan</name>
<uid>13</uid>
<langCode>ja</langCode>
<version>3.3(2)JPN</version>
<winCharSet>utf-8</winCharSet>
</userLocale>
<networkLocale>Japan</networkLocale>
<networkLocaleInfo>
<name>Japan</name>
<uid>28</uid>
<version>4.1(2)JPN</version>
</networkLocaleInfo>

HTTPの設定

XMLサービスに関する設定

<directoryURL>

電話帳サービスのURLを指定する。

<servicesURL>

電話機のメニューから、「サービス」を選択したときに表示するURLを指定する。

<proxyServerURL>

HTTPプロキシサーバーを指定する。

<proxyServerURL>192.168.0.2:8080</proxyServerURL>

<idleURL>

何も動かしていない時に表示するURLを指定する。
受け付け用電話機などで設定することが多い。

<idleTimeout>

idleURLにて読み出す時間(秒数)を指定する。
0にすると無効扱いになる。0がデフォルト値になっている。

SEP<MACアドレス>.cnf.xmlの中身(1)

サンプルその1(とりあえず動いている程度)

<device>
<devicePool>
<callManagerGroup>
<members>
<member priority="0">
<callManager>
<ports>
<ethernetPhonePort>2000</ethernetPhonePort>
</ports>
<processNodeName>192.168.0.4</processNodeName>
</callManager>
</member>
</members>
</callManagerGroup>
</devicePool>
<versionStamp>{May 18 2005 02:22:00}</versionStamp>
<loadInformation></loadInformation>
<userLocale>
<name>English_United_States</name>
<langCode>en</langCode>
</userLocale>
<networkLocale>United_States</networkLocale>
<idleTimeout>0</idleTimeout>
<authenticationURL></authenticationURL>
<directoryURL></directoryURL>
<idleURL></idleURL>
<informationURL></informationURL>
<messagesURL></messagesURL>
<proxyServerURL></proxyServerURL>
<servicesURL></servicesURL>
</device>

SEP<MACアドレス>.cnf.xmlの中身(2)

サンプルその2(日本語表示させてるモノ)

<device>
<devicePool>
<dateTimeSetting>
<dateTemplate>Y/M/D</dateTemplate>
<timeZone>Tokyo Standard Time</timeZone>
</dateTimeSetting>
<callManagerGroup>
<members>
<member priority="0">
<callManager>
<ports>
<ethernetPhonePort>2000</ethernetPhonePort>
</ports>
<processNodeName>192.168.0.4</processNodeName>
</callManager>
</member>
</members>
</callManagerGroup>
</devicePool>
<versionStamp>{7961 Jun 05 2007 18:28:35}</versionStamp>
<loadInformation></loadInformation>
<userLocale>
<name>Japanese_Japan</name>
<uid>13</uid>
<langCode>ja</langCode>
<version>3.3(2)JPN</version>
<winCharSet>utf-8</winCharSet>
</userLocale>
<networkLocale>Japan</networkLocale>
<networkLocaleInfo>
<name>Japan</name>
<uid>28</uid>
<version>3.3(2)JPN</version>
</networkLocaleInfo>
<idleTimeout></idleTimeout>
<authenticationURL></authenticationURL>
<directoryURL>http://192.168.0.250/Directory.cgi</directoryURL>
<idleURL></idleURL>
<informationURL>http://192.168.0.250/Infomation.cgi</informationURL>
<messagesURL>http://192.168.0.250/Message.cgi</messagesURL>
<proxyServerURL>192.168.0.2:8080</proxyServerURL>
<servicesURL>http://192.168.0.250/Services.cgi</servicesURL>
<capfAuthMode>0</capfAuthMode>
<capfList>
<capf>
<phonePort>3804</phonePort>
<processNodeName></processNodeName>
</capf>
</capfList>
<deviceSecurityMode>1</deviceSecurityMode>
</device>

動作確認済みの電話機

Cisco IP Phone 7911G
Cisco IP Phone 7961G
Cisco IP Phone 7970G

SEP<MAC-Address>.cnf.xmlファイルが無かったら

デフォルトゲートウェイとTFTPサーバーに対して、(port2000宛の)パケットを投げつけてくる。

古い電話機

設定がバイナリ形式の電話機もあるので古めの型番(7910など)では上記の方法が使えないことがある。
冒険野郎 マクガイバー(名部 将光)のシンクタンク参照のこと。

外部リンク

7970/7980用のサンプル