HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Asterisk Realtime

提供: VoIP-Info.jp
移動先: 案内検索

Asterisk Realtime Architecture(ARA)

Asteriskの内部処理をリアルタイム化するものではないので注意してください。Realtime Linux等とは意味が異なります。
Asterisk Realtimeは各種設定ファイルやデータをAsteriskがリアルタイム処理する機能のことで、Asterisk 1.2から正式に実装されました。

このリアルタイムを簡単に説明すると次のようになります。
例えば通常はsip.confのようにAsteriskの設定ファイルとしてSIPピアの情報を記述し、これを有効にするためにはsip reload等のコマンドを実行する必要があります。設定は設定ファイルに記述しただけでは反映されず、明示的にコマンドで再読み込みを行う必要があります。
Asterisk Realtimeでは設定ファイルの内容を外部リソースを使うことで、設定を即時に反映させます。例えばよく使われる方法は、MySQLをデータベース・エンジンとし、SIPピアのデータベースを持たせることで、Asteriskはピア情報をDBから取得し、これを使って認証等の処理を行います。設定情報はDBにPUTされた時点で反映されるため、モジュールのリロード等の処理は必要ありません。
ただし、このAsterisk Realtimeには、いくつかの使い方と制約があります。