HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Asterisk サンプル設定ファイル features.conf

提供: VoIP-Info.jp
移動先: 案内検索

features.confはAsteriskの各種『機能』設定するために使われます。

generalセクション

機能の一般設定を行います。

[general]
parkext => 700
parkpos => 701-720
context => parkedcalls
;parkingtime => 45
;transferdigittimeout => 3
;courtesytone = beep
;pickupexten = *8

[general]

まずgeneralでセクションを宣言します。

parkext

コールパーキングを行う番号を指定します。この番号に転送されると、通話相手はパーキングされます。

parkpos

パーキングが行われる番号の範囲を指定します。最初にパーキングされると701、次に702のようになります。

context

コールパーキングのコンテキストを指定します。通常、パーキング用コンテキストは自動生成されるため、extensions.confからはinclude => parkedcalls を指定するだけで、700~720までの番号が使用できるようになります。

pickupexten

コールピックアップを行う番号を指定します。デフォルトは *8 ですが、ここで指定すれば他の番号に変えることができます。

featuremapセクション

ここでは機能と番号の対応を記述することができます。例えば1.6版のサンプル設定ファイルでは次のように記述されています。

[featuremap]
automon => *1

これはオートモニタ(ワンタッチ通話録音)の機能を *1 に割り付けています。